STAFFスタッフ紹介

営業技術部

大田 哲也(営業技術部 部長)

大田 哲也写真

営業技術部では、常にユーザーの観点でものづくりを考え提案営業を心掛け日々取り組んでおります。
創業以来積み重ねてきた独自の技術ノウハウを活かし、『加工不可の文字は無い』のチャレンジ精神で当社にしか出来ない精密加工技術を確立しています。
また、営業のレスポンス力や短納期対応等、お客様のニーズやご要望をカタチにします。
困った時は当社にお任せ下さい。
今後もお客様に信頼されご満足していただける製品を提供し、進化し続けていきます。

御問合せ・御見積依頼:ohta@nodapla.jp

営業技術部 樹脂課

稲波 雄二(営業技術部 樹脂課 課長)

稲波 雄二写真

私は、以前は今とは全く畑違いの業種の営業をしていました。最初は覚える事も多く、不安もありましたが、「まあ、何とかなるか!」の性格でやってきました。今では、こんなにお客さんに喜ばれ、頼りにされる仕事に出会えて本当に良かったと思っています。
それも頼もしい現場の人達が作り出す、素晴らしい技術があるからですけどね!前に社長がお客さんに、「何を売っているの?」って聞かれた時に、「夢を売っています!」って冗談を言っていたのを覚えていますが、これからも夢のある素晴らしい製品をたくさん売っていきたいと思います。冗談じゃなくね!

御問合せ・御見積依頼:inami@nodapla.jp

長縄 篤(営業技術部 樹脂課 係長)

長縄 篤写真

切削加工メーカーとして日々進歩すべく、『Challenge Spilit』で他社にはできない加工にもどんどんトライしていく。

野田プラスチック精工はそんな会社です。

難しい形状や加工実績の無い材質の図面を見た時に、『加工できません』とお断りするのはとても簡単なこと。そうではなく、何が無理でどうしたら加工できるのか、どうすれば問題を解決できるのかを考えて挑戦していくのが弊社の使命だと思っております。 「困ったら野田プラに」、「困ったら長縄に」、そうお客様に思っていただける存在になれる様、頑張っていきます。

営業技術部 軽金属課

佐野 祐介(営業技術部 軽金属課 総括係長)

佐野 祐介写真

プラスチック加工屋で軽金属を加工?と思われますが、樹脂切削加工で培った高い技術力を活かし、アルミ・真鍮・銅の切削加工に応用し、お客様にご提供させて頂いております。
又アルミダイカスト追加工、真鍮鋳物、各鍛造品追加工も切削加工でご対応させて頂きます。

既存の加工先では加工が出来ないものや、品質重視のもの、納期重視などお困りの案件等有りましたら是非お声かけください。

もう一度、野田プラスチック精工に仕事を出そうと思って頂けるような課を目指して挑戦し続けたいと思います。

御問合せ・御見積依頼:sano@nodapla.jp

長江 伸治(営業技術部 軽金属課 主任)

長江 伸治写真

当社の強みはなんといっても「チャレンジスピリッツ」です。営業技術部としては業界を絞らず、 様々な分野への挑戦している為、多種多様な材質・難形状加工の経験・ノウハウを有しております。

技術伝承が課題となっている今、精巧なものづくり技能の喪失が懸念されている中で、有形・無形の 「現場力」を後世に残すため、技能・技術伝承が必要不可欠です。

ただそれは私たち営業技術部にも言える事。諸先輩方の創り上げたステージで良い技術は継承し、 改善し、進化・発展させる様、日々精進していきます。

製造部

曽我 弘明(製造部 工場長代理)

曽我 弘明写真

私は不良率ゼロを目標に、工具選択・切削条件・加工治具の工夫を常に意識しております。素材変わると工具・切削条件もかなり変わり、特にアクリル透明加工やガラス・カーボン入りなどの素材では一番自分の力が発揮できる時だと思います。
難加工品を作り上げた時はもちろんのこと、お客様が製品を手に喜ぶ姿は何よりの励みになると同時に、この仕事をしていて良かったと一番思う瞬間です。これからも、お客様に満足して頂けるよう、野田プラスチック精工では常に先を見据えて高精度加工に挑戦していきます。

酒井 伸昭(製造部 係長)

中嶋 正幸酒井 伸昭写真

日々機械も技術も進化していく世の中でお客様からのご要望も厳しくなっています。
壁にぶつかることもありますが挑戦する気持ちを忘れずに乗り越えていき、会社としても個人としても進化していきたいと思います。
加工技術・精度追及だけではなく作業の効率化、稼働率UP等、製造の現場に求められるものは多岐に渡るようになってきました。
お客様からのご要望に応えるだけでなく、プラスアルファの提案ができるように努めてまいります。

宇野 秀昭(製造部 係長)

宇野 秀昭写真

野田プラスチック精工では技術向上の為、常に新しい加工方法・新しいアイデアにチャレンジし様々な複雑形状や限界公差へ挑戦しております。また、検査機器を充実することにより、複雑形状や限界公差への評価を出来る体制をとり、お客様のご要望に対応できる様に全力を尽くしております。
NCデータの作成方法・工具寿命の見極め・類似形状での加工時間短縮に生かし、機械の夜間稼動、連続運転の割合を増すことにより作業効率を上げております。製造部内でのスピーディ工程管理により短納期にもお応えをすることが出来ますのでお困りの際はご相談下さい。

安藤 達哉(製造部 主任)

安藤 達哉写真

難易度の高い加工を積極的にチャレンジし、自身の工夫とアイデアで要求された加工精度を守りお客様に信頼して頂ける不具合のない良い品質の製品を作れるように日々努力していきます。

井上 直道(製造部 主任)

井上 直道写真

私は製品の評価は自身への評価だと考えております。 お客様の求める品質は常に高い物であり、 それ以上の品質を提供できるよう技術の向上、創意工夫を行ってまいります。 また、慎重かつ迅速に業務を遂行する事が出来る様、 よりよいチームワークを築いていきたいと思っております。